SSブログ
-  |  次の10件 »

台風8号は関東へ直撃! 最新 と状況予測

関東 400ミリを予想しピークが今夜遅くから
未明にかけて発生

各地では土石流など甚大な被害が発生しています。

只今、6月10日22時現在
台風8号は紀伊半島を通過し三重県沖に移動中です。

気象庁の予報では
今日未明から明け方にかけて本土に上陸とみており
関東地方に直撃する見込みです

都会での被害は、都市型災害と言われていますが
2011年台風11号は鉄道運休の影響により帰宅困難者が
溢れニュースになりましたが


今回の台風8号は7年前の2007年7月に上陸した台風4号のパターンにそっくりで
当時も、交通網機能停止で帰宅困難者が駅に人があふれ大混乱しました。

また、地上の交通網は完全にストップしてしまいますが
地下鉄だけは動ける状態になり、人が集中し地下鉄すら機能停止になるでしょう。

電車でも出られず、乗れずの状態になる事が予測

このように、交通網が麻痺することが予想されるため 
企業は出社時間や退社時間を考慮し、

最悪の場合は会社に泊まる、休暇をとるなどの判断も必要です。
 
ギリギリの退社指示などは、同時期に行われるため
一気にごったがえす事が予想されます。思い切った早めの指示が大切です。
 
 
去年も、京都の渡月橋、中之島公園が氾濫しましたが
今回は去年以上の規模なので警戒が必要
 
 
都市部はアスファルトに覆われていて
地盤に水がしみこまないので、風に飛ばされたゴミなどで
排水口が詰まると、一気に増水して交通不能になります。

このような状態になると、水が逆流してマンホールの蓋があいたり
非常に危険な状態になります。

決して、増水の道路を歩かないようにしてください。
 
安全と思われる地下でも
50cmの浸水で水圧によりドアが開かなくなるため危険です。

地下でも浸水が懸念される場所は895箇所もあるので
地下は危険です。


階段部も水が流れこむと濁流になり使えなくなります。
 
アンダーバスも車が沈む危険性があります。
 
あとは、高層ビル街などは

予測不能なビル風で思わぬアクシデントが予想されます。
ビルが乱立したビル街では 風が渦巻きのようにうねっていたり
風の方向と違う方向で突風が吹いたり何処を向いていいのかが分からなくなります。

ご安全に!!


台風8号 進路 近畿南部 愛知へ

6月10日13時時点の予報をニュース、テレビから
まとめてお知らせします。

午後9時には潮岬に上陸するとの予想です

また、現在も移動速度は自転車程度の速度でゆっくりと
進んでいますが

高気圧の影響で急に方向転換したり
移動速度が急に早まったりしますので油断は禁物です。

海側の人は高潮には十分に気をつけて
決して近づかないようにしてくださいね!

また、山間では狭い範囲での湿気が影響し
それが集中して急激に上昇することにより、

部分的に雨雲が発生し局地的に大雨をもたらす事も予想されます。


只今は、四国の高知県で
大雨、洪水、波浪注意報が発生しています。


雨の様子ですが、ショウコウじょうたいですが
雨粒の大きさで大小まざり、時折、叩きつけるような
突風が発生しているとのこと

災害を事前にさけるために3つのポイント

お知らせがありましたので展開します。

これから台風をむかえる地域の方は
特に次に3つの項目をチェックポイントに
あてはまる方は最善の注意を行い、避難等、早めに行動をしてください。

 1.梅雨前線にかかっている地域
 2.南向きの山斜面のそばにある地域
 3.台風の通過点に位置する地域

現在、太平洋側を中心に広範囲に警報が発生しています。



台風8号の進路で11日ごろに近づくエリアは

各地に被害をおよぼしている台風8号の状況をお伝えします。


2014年7月10日 7時3分発表


台風第8号の中心は、10日7時前に、鹿児島県阿久根市付近に上陸しました。

typhoon_1408_2014-07-10-08-00-00-large.jpg

7月10日9時現在

中心気圧 984ヘクトパスカル
最大風速 25m/s
最大瞬間風速 35m/s
予報の円半径 約60km

気象庁の予報では東に進むにつれて徐々に勢力を弱めていくようですが
それでも、大きな台風ですので引き続き警戒が必要です。

進路については
10日の夜には、四国の南に進んで行き、夜中のうちに関東方向へ
11日ごろには関東に近づく見込みです。

現在も大雨に、最大級の警戒が必要です。

雨量は、50年ぶりの大雨といわれていますので土砂災害には
注意が必要です。

いずれも多い所で、九州南部と四国は300mm、九州北部は200mm、
奄美と北陸、東北は150mm、沖縄は100mmで

土砂災害や川の増水・氾濫、浸水、早め早めの厳重な警戒が必要です。

まだまだ、大丈夫という段階での対策が必要です。
暴風域に入ってからは、安全を確保することが優先です。

むやみに安全チェックなどの目的で動かない方が賢明です。

ご安全に!

台風8号が進路予想変更で九州、関西方面に影響と警戒期間

日本気象協会は台風8号に関する情報を発表しています。
各地で50年に一度の局地的な大雨が降り危険な状態になっています。

土砂災害や低い土地の増水など注意が必要です。

今回の台風は悪影響を与える条件が3つも揃っています。

 ①猛烈な勢力に発達
 ②梅雨前線の活動が活発化
 ③台風の動きが遅く、影響が長引く恐れ。

各地の警戒が必要な期間を参考に(日本気象協会(7月7日発表)より)
早めの準備、避難を行ってください。

7月8日期間.jpg

九州では梅雨前線の影響で、大雨となっている所があります。
一時間に15キロの遅い速度で近づいています。

今後も土砂災害に警戒が必要です。

広い範囲で大雨です。静岡県などは特に
雨量が激しい予想が出されています。

7月9日18時.jpg

長野県南木曽町で大きな土砂崩れが発生しています。
木曽川の川の水があふれたとのこと

深刻な被害が発生しています。

長さ数100メートルの大規模土砂崩れです。

場所の確認など 家族で認識合わせを行ってください。

50年日一度の記録的な大雨が発生しています。
雨は台風の付近だけではありません。

早め早めの判断が必要です!!

沖縄付近にいる台風8号の影響か?新潟で避難指示?

台風8号の影響か?日本列島を境界に
高気圧と低気圧がぶつかり

雨雲が新潟上空に集中しているようです。

9日の午前に集中的に雨が降り続き


避難指示や

避難勧告が出され


土砂崩れや洪水が懸念されています。

気象庁の予想の水量では
東北が150ミリに達し

北陸も120ミリまで達すると予想され
さらに増水傾向にあると見込まれているようです。

気をつけてくださいね!!


雨が降らなければ水道供給の問題で乾季とか言われて問題になりますが
降りすぎも困りますよね!!

あと、台風の経路ですが
いつも狙ったように日本本土上空をトレースするように移動しますが

そのまま真っすぐに北極に向かって上がっていけばいいのに
と思うのですが・・・

みなさんも、そう思いませんか?
なぜ、日本の手前で進路を変えて日本本土に向かってくるのでしょう?
それも不思議です。

なぜだか分かりますか?

私の簡単な理解では、北から降りてくる寒気と
南から上がってくる暖気がちょうど

日本上空でぶつかり、逃げ場を失うように
日本の上空をトレースするようですね!!

我々素人なんかの感覚だと
冷たい空気と温かい空気がぶつかると

中和されて無くなってしまうような
気がするのですが

対向してズレていくんですねぇ・・・(^^ゞ

台風8号の影響で巨人軍が練習試合は?

巨人軍は今回の台風8号を考慮して
早めの移動で準備を備えたのですが

思わぬスローペースの台風8号の
影響で

大きく予定を狂わさせられたようです。

主将の阿部さんも、今回の沖縄キャンプは
普段からお世話になっているファンの方々に恩返しと
いつも以上に気合が入っていたそうですが

非常に残念!っと
落胆の様子を隠せない様子と

関係者のコメントがありました。

結局、今回の沖縄遠征

猛威を振るっている台風8号の影響で
全体練習を中止にしたようです。

選手はそれぞれ
今回の沖縄遠征対する意気込みはあったものの

思わぬかたちで休息をとるかたちに
なったようです。

ところで、巨人軍の練習試合を見ていると
ファンが携帯やスマホをパシパシしている姿を良くみかけますが

ツイッターでもリアルに情報が流れて
いつもおもしろいネタで楽しませてもらっています。


突撃ツイッターは気をつけて!!


同じくツイッターマニアの方が
今回のような大きな台風が来ると

いち早く、緊急速報を届けようと
防波堤の先端で高波情報をツイートしたり

一歩間違えば、危険な行為を
良く見かけます。

ツイッター本部もこのような危険行為は行わないよう
呼びかけています。

巨人軍も沖縄遠征練習試合が中止になり
ホテルで待機状態でまったりしています。

このような時は
せっかくの休養日として
マッタリしちゃいましょう!!


台風8号の影響でELTの沖縄公演は?

ELTファンの方は必ず確認してください。
Every Little Thing の沖縄公演が

今回の台風8号の影響でどうなるのか?
という検索が多かったのでお知らせします。

11日に予定していた沖縄の那覇市民会館で開催予定の公演は
中止にしますとの発表がありました。

え~ーーー!!
今、8日で公演は11日なのに

なんで中止なの?
と思われる方は大勢いると思います。

私も、台風8号が沖縄を直撃するけど
ELTの沖縄公演は11日だから

余裕で大丈夫だよねっと思っていたのですが(泣)

公演の機材を運ぶトラックのフェリーが
欠航になったとのことで

機材の運送が出来無くなったのが
直接の原因だそうです。

公演関係者は
なんとか 公開に向け対策を行い
続けたそうですが

「来場者様が満足いただけるショーを見せるための  準備ができない」 
と判断したそうです。

代替の開催は無いとのことで
公式サイトでチケットは払い戻し等の情報が発表されます。

せっかくのELT新作のファイナル・コンサート
だったのに残念!!

沖縄 台風8号の影響

7月8日午前

台風8号
沖縄で猛威をふるい

店舗倒壊など
大きな被害をもたらしたようです!

特別警報を発令していた
沖縄では、差し迫った危険がなくなったとして
特別警報を解除しましたが

これから、九州から本土へ移動してくるようです。

今回の台風8号はゆっくり移動しているようで
引き続きの警戒が必要です。

沖縄での台風8号のパワーは
なんと、瞬間風速53メートル

航空写真?
衛星写真をみてもハッキリと渦巻きがわかり
台風の目がクッキリしていますよね!

みなさんは、この台風の目の中に
入った事ありますか?

全くの無風で
超穏やかなんです。

大きな台風ほどこの目が大きいそうですが
たまたま、目の中に入った人は

台風が突然消えてしまった!?
っと勘違いしてしまいますが

台風のど真ん中に いる証拠なので

冷静に行動してくださいね!!

台風や集中豪雨から身を守るために

台風8号のように大きな台風がくると

激しい雨や風は数時間にもわたって

降り続きます。

山間の狭い地域などでは一気に数百mmの総雨量になったりしることも
珍しくありません。

毎年、全国で大雨によって土砂崩れや川の氾濫などの
災害が発生していますが

事前の情報収集が大切だと思います。

 気象庁などのホームページや
テレビ、ラジオのニュースで早めの情報収集を行い

023-2.jpg

早め早めの対策が必要です。

気象庁では、災害を防止・軽減することを目的に
警報や気象情報など

防災気象情報を発表し、注意や警戒を呼びかけています。

気象庁のホームページ

災害から身を守るために
これらの防災気象情報を有効に活用してくださいね!

備えあれば憂いなしです。
どうかご安全に!!

台風8号 近畿

大型「台風8号」近畿には10日にも最接近になりそうです。

7月8日17時現在
現在も勢力を強めながら沖縄へ向かっています。

大型で非常に強い台風8号
沖縄に接近する8日には、中心付近の最大風速が54メートル以上の
強烈な台風となりそうです。

気象庁も引き続き注意を呼び掛けています。

台風8号は沖縄に接近した後に
東寄りに進路を変えて、

9日には九州付近へ移動

このままの速度を維持したまま
本州へ突入すると

近畿地方には10~11日

最接近

大雨や強風に備え、最新の気象情報を入手して対応するよう訴えています。
http://www.jma.go.jp/jma/bosai/oosaka.html

台風や集中豪雨から身を守るために




-  |  次の10件 »
Copyright © 台風警報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます